1日1食が若返り効果絶大!やり方やおすすめのメニューは?

MENU

1日1食が若返り効果絶大!やり方やおすすめのメニューは?

 

 

細胞を若返らせるには栄養の摂りすぎは禁物で、空腹状態を長時間維持するのが良いという説があります。空腹になると人間の体内で眠っているサーチュイン遺伝子、別名で長寿遺伝子が活性化されるので、老化した細胞の再生が可能になるからという原理に基づいた理論です。

 

若返りには1日1食健康法が効果的

 

一般的な健康維持に必要な食事療法は、1日3食、食材のバランスを考えて食べるというものです。またダイエットにおいても、3食規則正しく食事をしなければ、しわ寄せが起こって過食の原因になると言われています。しかし若返りには1日1食だけ食べるのが効果的と提唱する医師がいます。1日1食療法で得られる効果は、ダイエット、肌の若返り、集中力アップ、精神の安定などがあります。

 

体が空腹を感じると、長寿遺伝子ばかりか成長ホルモン、免疫ホルモンなどの分泌活発になって、体を正常な状態に戻そうとする力が働きます。例えば、成長ホルモンはダイエット・美肌・自律神経の安定などに効果を発揮します。睡眠時に多く分泌されると言われているホルモンで、睡眠不足になると分泌が悪くなります。空腹状態で分泌が促されるようになれば、睡眠時以外でも若返り効果が期待できます。

 

1日1食健康法で得られる効果

 

ダイエット

食事から摂取するカロリーが少なくなので、体内に蓄積していた脂肪が燃焼されて肥満体の解消が出来ます。

 

若返り

長寿遺伝子が活性化します。ただ内臓が活発に働く回数が少なくなるのて、内臓の負担が軽減されて機能が改善されて若返ります。

 

コレステロール値の安定
 

血液中のコレステロール値を正常化することができ、余分な皮脂の分泌が抑えられ、皮脂の酸化によって発生していた体臭の軽減、動脈硬化予防、血管の若返り効果があります。この他にも免疫力アップ、肌のターンオーバーの正常化、自律神経のバランスが整うなど、心身にわたって幅広い効果が期待出来ます。

 

1日1食はいつ食べる?

 

食事のタイミングは特に規制はありません。ただ朝食だけにした場合、1日の活動スケジュールによってはエネルギー不足になることがあります。夕食まで我慢することも可能ですが、就寝前の食事は内臓への負担がかかりますし、満腹状態だと十分な睡眠がとれません。心身への負担を少なくするのなら、昼食のみの食事にするとよいでしょう。

 

問題は空腹が我慢できなくなったらどうするかということです。1日1食健康法は、食事は1日に1回ですが間食はOKです。食べていいものは、ナッツ類、昆布、煮干し、プロテインドリンクなどです。この時の注意点は、炭水化物、糖類、カフェインを摂取しないことです。食事は栄養のバランスの良いものをよく噛んでゆっくりと食べることが大切です。ある程度は好きなものを食べて良いのですが、炭水化物だけ、揚げ物だけなど偏った食事は胃腸に負担をかけるのでNGです。