コーヒーが若返りに良い?効果的な飲み方とは

MENU

コーヒーが若返りに良い?効果的な飲み方とは

 

 

食事をしながら若返ることが出来たら、これほど便利なことはありません。しかも特殊なダイエット食なとではなく、日常的に誰もが利用する食材の中に若返り効果の高いものがあります。若返りのポイントは血管にあります。血管年齢が若ければ血液の状態も良好なので、実年齢に関係なく若々しく健康に過ごせます。

 

コーヒーに含まれるクロロゲン酸がカギ

 

コーヒーはカフェインが含まれているので飲める人は限定されますが、抗酸化作用のあるポリフェノールが含まれています。中でもクロロゲン酸が多く含まれていて、肝臓を健康にしたり血液をサラサラにする効果を持っています。

 

たとえば内臓脂肪は食事の内容ですぐに変化をします。揚げ物や油の多い食事をすれば体脂肪は増え、さっぱりとした食事を続ければ内臓脂肪は減少します。しかし食事の内容を考えずに脂質の高い食事を続けていると、中性脂肪やコレステロールを多く含んだ血液になってドロドロ状態になります。食事中や食後にコーヒーを飲むことで、血液を健康な状態に維持することが可能になります。

 

コーヒーは香りにも若返りの効果がある

 

コーヒーの香りの素はメチルピラジンという成分で、体内に吸収して代謝されるとピラジン酸に変化し血栓予防効果があります。香りには気分を高揚させたりリラックスさせたりする効果があるので、コーヒーの香りをかぐことだけでも血管を若返らせる効果が期待できます。

 

またコーヒーを焙煎している時にはとてもいい香りがしますが、クロロゲン酸の効果を最大限に活用するのなら浅煎りタイプが有効です。血管の若返りに効果のあるクロロゲン酸は生の豆に多く含まれているので、浅煎りでも焙煎をすると約半分まで減少することが分かっています。さらに深煎りをするエスプレッソやフレンチローストにはほとんど含まれていないので、若返りの効果はあまり期待できません。

 

1日何杯飲んだらいいの?

 

コーヒーの血管若返りの効果を期待するのならば、1日に1杯から2杯飲めば十分です。カフェインが気になる人がいますが、カフェインにも健康効果があります。脂肪の燃焼の促進をサポートするので成人病予防として有効です。利尿作用があるので、たくさん飲んだ時にはコーヒーを飲んだ以上に水分の補給も必要です。そのため健康維持を目的なら何杯も飲む必要はありません。ミルクや砂糖を入れても効果は変わりませんが、血糖値が高い人はブラックで飲むようにしましょう。血管を若返らせるには、浅煎りのコーヒーをブラックで1日に1杯か2杯がベストな飲み方と言えます。