筋トレが若返りに効果ある?筋肉から若返りホルモンが出る!

MENU

筋トレが若返りに効果ある?筋肉から若返りホルモンが出る!

 

 

若返りは多くの人が望んでいることです。世の中には様々な方法がありますが、実行しても効果が得られないと悩んでいる人は、筋トレを試すと良いでしょう。正しく筋トレを実施すれば、若返りホルモンが分泌されて若返りに有効です。

 

筋トレが若返りに有効な理由

 

筋肉はエネルギーの消費に必要です。同じ身長と体重でも体脂肪率の多い人と筋肉量の多い人とでは、筋肉多い人の方が引き締まった体型に見えますし、たくさん食べても太りにくいという特徴があります。筋肉がしっかりとついていると新陳代謝が活発になるので、若返りの効果も得られます。筋肉を維持するには定期的な筋トレが必要です。筋肉に負荷をかけると若返りホルモンとも呼ばれる成長ホルモンの分泌が促され、コラーゲンの生成力もアップします。また血行が促進されるので、全身に栄養が届きやすくなって若返り効果も得られます。

 

トーニングすべき部位

 

筋肉は全身についています。トレーニングですべての筋肉をくまなく鍛えることは困難です。若返りホルモンの分泌を促して、全身の血行を促進させるには、大きな筋肉を鍛えるのが手っ取り早いです。大きな筋肉を鍛えた方が成長ホルモンがたくさん分泌されやすく、全身の血流をアップさせやすくなります。

 

大きな筋肉がついていて鍛えやすいのは足の筋肉で、太ももを中心に鍛えると良いでしょう。効果が得やすいのはスクワットです。ダンベルなどの器具は必要ありませんし、全身のバランスを整える効果もあります。さらに脂肪の燃焼を促進させて、内臓脂肪を減らす効果も得られます。

 

内臓に脂肪が蓄積していると、血液中の中性脂肪値やコレステロール値が高くなり、血流の停滞や血管の損傷のリスクが高くなります。若返りに大切な血管の状態を向上させるためにも、スクワットによる筋トレは大切です。

 

正しいスクワット

 

スクワットは、肩幅に足を開いて立ち、立ったり座ったりする運動です。簡単な筋トレのようですが、太ももに負荷が感じられないようならやり方が間違っています。立った時の足の向きは正面で平行になっているかを確認します。足の裏で床をしっかりと踏みしめ、頭の位置がずれないように注意をして、太ももと床が平行になるまで腰を下ろします。平行になった位置で3秒から5秒キープし、ゆっくりと立ち上がります。1セットは10回から15回にして3セット程度行います。毎日行う必要はなく、週に3回から4回か適当です。太ももの筋肉がしっかりとすれば、基礎代謝や血流のアップ、若返りホルモンの分泌が促進されますし、メタボの解消にも役立ちます。