空腹状態を続けると若返りに良い?サーチュイン遺伝子が活性化!

MENU

空腹状態を続けると若返りに良い?サーチュイン遺伝子が活性化!

 

 

空腹を我慢するのは大変です。食事の間に小腹が空くと間食をしてしまいます。一口程度で収まれば問題はないのですが、カロリーの高いスイーツやスナックを食べてしまい、後悔することもしばしばです。空腹は必ずしも悪いことはではなく、平時には休眠しているサーチュイン遺伝子を活性化させる効果があります。

 

サーチュイン遺伝子が若返りのカギ

 

サーチュイン遺伝子は別名長寿遺伝子とも言い、活性化させることで若返り効果が期待できます。普段は休眠しているので効果は感じられませんが、空腹時に活性化するという特性があります。若々しい肉体を維持したいのなら、サーチュイン遺伝子を出来るだけ多くのシーンで目覚めさせることが必要です。活性化のポイントは空腹です。空腹の状態を維持することが若返りにつながります。

 

サーチュイン遺伝子を活性化させる3つの方法

 

空腹状態を作るには食事の量を減らせば良いのですが、3つのパターンがあります。大切なのは無理をしないことです。一番実施しやすい方法は、食事の量を腹七分に抑えることです。主に炭水化物を一口から二口減らすようにします。1日の摂取カロリーでいうと、800kcalが目安です。もう少し頑張れるという人は、食事の回数を1日3回から2回にします。朝食を食べずに昼と夜だけの食事にする方法です。

 

もっと我慢できる人は1日1食にしてみるという方法もありますか、ドカ食いや栄養失調の原因になりかねないので、1日の2回分の食事を3回に分けて食べるようにした方が安心です。空腹でいる時間を長くすることがポイントです。空腹感を感じた場合には、カフェイン入りの飲み物はNGです。白湯、水、ノンカフェインのお茶にし、水分補給はこまめに行いましょう。

 

サーチュイン遺伝子がもたらす効果

 

長寿遺伝子が活性化させることで得られる効果として最も大きいのは、老化をもたらす要因の抑制です。年齢を重ねれば体内の機能か劣化するのは自然のことで活性酸素の量も増えますが、サーチュイン遺伝子の働きがあれば抑制することが出来ます。増えすぎた活性酸素を除去できれば血管の老化も予防出来るので、動脈硬化のリスクが軽減できます。

 

また食事の量が少なくなっているので、自然とダイエットになりメタボの改善にもなります。その他にデトックス、認知症予防、細胞の修復力アップ、ガンの予防、薄毛の改善など空腹時間を長くすることだけで、健康と美容に幅広い効果をもたらします。