血管年齢の若返りにおすすめの食べ物は?

MENU

血管年齢の若返りにおすすめの食べ物は?

 

 

血管年齢は食生活や生活環境によって大きく上下します。20代でも暴飲暴食を続けていて肥満体の人は血管の老化が著しくなりますし、節制をした食事と適度な運動、ストレスフリーの生活を心がけている人は、年齢が高くてもしなやかな血管を維持しています。一度老化して動脈硬化になった血管は元に戻すのは難しいと言われているので、若返り効果のある食べ物を利用して動脈硬化予防をすれば、血管系の病気の発症率を低く出来ます。

 

血管年齢を若々しく維持する効果のある食べ物とは

 

大豆製品
 

大豆製品全般に血管を正常な状態に維持する効果が期待できます。いろいろな食品があるので、毎日の食事に利用するとよいでしょう。

 

●豆腐 大豆製品の代表的な食品で、中性脂肪を正常値にする効果があります。体内のナトリウムを排泄して、血圧を安定させる働きもあります。絹ごしや木綿だけでなく、厚揚げ、湯葉、油揚げでも大丈夫です。
●納豆 大豆を納豆菌で発酵させた製品で、ナットウキナーゼには血管の中にできた血液の塊を融解する働きがあります。血液をサラサラにする効果があるので、血行促進や高血圧の予防になります。

 

青魚
 

青魚にはオメガ3脂肪酸のDHAとEPAが多く含まれています。脳の働きや血行を活性化させる効果があります。中性脂肪値やコレステロール値を正常にして血液を正常な状態に維持しやすくなります。血管内に余分な脂肪が溜まりにくくなるので、血管年齢も若返ります。

 

ブロッコリー

ブロッコリーの若芽のスプラウトが、ダイエットに効果的であると紹介されたことから注目され始めた野菜です。ブロッコリーには特に動脈硬化予防に役立つ葉酸が多く含まれています。緑黄色野菜なので、脂溶性のビタミンも豊富に含まれています。

 

トマト
 

トマトの代表的な栄養素はリコピンです。悪玉コレステロールを減らして善玉コレステロール増やす働きがあります。またビタミンPとルチンが毛細血管を丈夫にしてくれます。血管の若返りには不可欠な食べ物のひとつです。

 

血管年齢か高いとどうしてよくないのか

 

血管年齢が高いということは、血管のしなやかさが失われつつあるということです。血管が老化して硬くなると、血液の流れが悪くなり、十分な栄養が体内に届きにくくなります。疲労感、手足の冷え、肩こりなどの病気というほどではない体調不良が発症しやすくなり、動脈硬化まで老化すると心筋梗塞や脳梗塞など血管系の病気を発症しやすくなります。

 

肥満や糖尿病などの生活習慣病とも深い関わりがあります。バランスの良い食事や血管を若返らせる食材を積極的に摂取すれば、老化を遅らせることが可能です。