20代に若返りたい!30代・40代におすすめの若返りメイクとは?

MENU

20代に若返りたい!30代・40代におすすめの若返りメイクとは?

 

 

美魔女と呼ばれている人たちは、実年齢が中高年であっても肌やボディは20代と見間違えるほど若々しいです。本人たちは特別なケアはしていないと言いますが、若返りに効果のあるケアを何かしら実践しています。美魔女にはなれないけれど、緊急で30代・40代でも20代のような肌に見えるメイク方法はあるので試してみるとよいでしょう。

 

くすみをカバーするにはベース

 

年齢を重ねると肌のターンオーバー力が低下して、肌の表面に角質や老廃物が蓄積して顔色をくすませます。コンシーラやファンデーションを厚塗りしてもくすみ感はぬぐえません。くすみをカバーするにはスキンケアが重要です。洗顔で肌を清潔にした後は、化粧水でしっかりと保湿をすることが重要です。化粧水・乳液・美容液で肌をしっとりとさせることで、下地やファンデーションのノリが良くなります。

 

しっとりとさせた肌にベースを塗りますが、くすみ対策にはイエロー、ピンクが効果的です。パール入りのタイプなら、毛穴を目立たなくさせる効果があります。下地で肌の色をコントローできたらファンデーションを塗ります。

 

ほうれい線は隠せない?

 

年齢を重ねると頬の筋肉が衰えやすくなるため、ほうれい線が深くなる傾向にあります。ケアをしないでいると口角にまでしわが及んで、いわゆるマリオネットラインができてしまうことになります。特にマリオネットラインかあると、不機嫌な顔に見えて損をするので、普段から筋肉を鍛えて頬が下がらないようにすると目立ちにくくなります。

 

緊急の場合にメイクで目立たなくするのなら、ほうれい線とマリオネットラインかできている部分は、ファンデーションは薄く塗ってリキッドタイプのコンシーラでカバーをすると目立ちにくくなります。小じわも気になるようなら、しわを広げてコンシーラを塗り込むと肌年齢を若くできます。

 

目の周りのクマとたるみのカバー方法

 

目の周りは皮膚がとても薄いので、クマ、小じわ、たるみが出来やすい部位です。原因のひとつは乾燥にあるので、洗顔後の肌は入念に保湿ケアをする必要があります。特に目に関しては目の周り専用のクリームや美容液を用いると効果的です。フェイス用よりも保湿効果や美容成分が多く配合されていることが多いです。

 

クマを目立たなくするには、パール入りのコンシーラを付けるとふっくらとした肌に見えます。まぶた全体にコンシーラを塗る場合には、目頭、目じり、二重瞼の部分にまで丁寧に塗ります。ファンデーションを塗った後は、アイシャドウでも若返りメイクをします。年齢を重ねるとまぶたが痩せてくるのて寒色系はNGです。ピンク系、イエロー系、オレンジ系など暖色系を全体に薄く延ばすだけで、若見えメイクになります。